過敏性腸症候群(IBS)の原因と対策

便秘と過敏性腸症候群(IBS)って何が違うの?

過敏性腸症候群(IBS)。
最近TVでも度々取り上げられるようになったので、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?
でも名前は聞いた事があっても、どんな病気か?まで説明できる人は少ないでしょう。
一体、過敏性腸症候群は普通の便秘とどう違うの??

過敏性腸症候群の3つの特徴
過敏性腸症候群の特徴としては、三通りに分かれます。
1、便秘がちに加えていつもお腹がはって重苦しいパターン。
2、急にお腹が痛くなって下痢を起こすパターン。
3、1と2の混合パターンです。

1は女性に多く、2は男性に多い症状。
どちらも排便後はスッキリ症状が改善するのが特徴的です。どうしてこういった症状が現れるのでしょう?
過敏性腸症候群の原因とは…
最大の原因はストレス。過敏性腸症候群の人の多くがストレスを抱えています。 もちろん健康な人も多少のストレスは抱えています。ただストレスを感じ方が過敏性腸症候群の人とは違います。過敏性腸症候群の人はストレスを感じると、腸や自律神経が敏感になります。つまり少しの刺激でも腹痛や便秘を感じやすくなってしまうのです。過敏性腸症候群になっている人の多くは、真面目で向上心があり、他人からの発言に敏感であると言えます。

さらに普段の生活習慣も深く関わっています。
アルコール、カフェイン、タバコ。この3つの摂り過ぎはよくありません。
さらには睡眠不足も過敏性腸症候群になる大きな要因。

どうしたら良いの?セルフケア!
まず私から言えるのはストレス発散をして下さいということです。
これが一番大事。何でも良いから自分が無条件に楽しめることに打ち込んで下さい。あとは市販の便秘薬を使うという方もいるでしょう。しかし中には刺激が強すぎる便秘薬もあるので、常用はおすすめしません。常用するのであれば体に刺激の少ないサプリメントや便秘茶を飲むようにしましょう。

便秘が引き起こす怖い病気一覧


Copyright (c) 2013便秘解消即効ランキング【妊娠している妊婦や赤ちゃん】. all rights reserved.