即効性のある便秘薬の危険性について

即効性があるからこそ危険な副作用も・・・

頑固なひどい便秘に悩んでいる方は便秘薬に頼る方も少なくないです。しかし便秘薬はお薬ですので即効性もありますが、副作用にも注意しないといけません。

まず便秘薬として使用されている硫酸マグネシウム・水酸化マグネシウムですが、大量摂取するとマグネシウム中毒を引き起こし、だるさ、眠気、息苦しさ、筋力・血圧低下を引き起こします。また腎臓病や心臓病をお持ちの方は注意して摂取しないといけません。

またピコスルファートナトリウムは、腸の運動が低下している「弛緩性便秘」に効果がありますが、急性腹症(虫垂炎や腹膜炎等)を持病でお持ちの方は症状を悪化させてしまう恐れがあります。

センノシド(センノシドカルシウム)は重い副作用は無いと言われていますが、大量摂取すると腹痛や吐き気などを引き起こしてしまいます。

ビサコジルは長期間服用していると、自然な排便が起きにくくなります。

薬に頼り過ぎない生活を!
このように薬には即効性もあれば、それに伴うリスクもあります。
便秘薬は薬局などで簡単に買えるようになった為、それに頼る人も多くなっています。しかしできる限り自然の力でスムーズに排便が起きるようにしたいですよね。便秘解消サプリメントは薬などとは違い、自然の成分のみで作られているのがほとんどですので、副作用などの心配もありません。まずは普段の食生活から。それでもダメであれば頼るのは便秘解消サプリメントにするのが良いでしょう。

女性の方はホルモンバランスが乱れたり、生理の前後は特に便秘になりやすく、薬に頼りがちな方が多いかと思います。しっかりと、普段の食生活や生活習慣を整えてから、改善のサポートをしましょう。


Copyright (c) 2013便秘解消即効ランキング【妊娠している妊婦や赤ちゃん】. all rights reserved.